内装途中

内装の様子です。
建具は家具職人さんの手によるものです。
家具はほんのちょと(ミリ単位)のゆがみでも成立しないものなので、
もともととても作りにこだわるのだそうです。
なので、細部の仕上げが丁寧なんだって!
b0129548_0192036.jpg

# by cagris | 2008-04-23 00:11 | C.A.G | Trackback

終わった!

2008-2009秋冬展示会が終わりました。まだ完全に終わり!ではなく、あと1週間くらいかけて、新作をみていただく予定です。
でもとりあえず、展示会という形では区切りがついたのでホッと一息です。
このまま、事務所引越しとお店のオープンに突っ走りたいです
# by cagris | 2008-04-18 23:07 | 日々 | Trackback

西荻窪

西荻窪の「遊工房アートスペース」にNu Amu Misin?さんの個展を見に行ってきました。Nu Amu Misin?さんとはひょんなことから知り合ったのですが、普段とは違うジャンルの作品を見るのはとても刺激になります。カラフルで、でもファンシーではない独特の世界。
展示ギャラリーは昔、医院だったところを改装して、アートインレジデンスとして、いろいろな国のアーティストに貸し出しています。
近くに住んでいるカジノリコさん(grisのホームページをデザインしています)と、おいしいおそばを食べて、商店街の肉屋さんで買い物。この肉屋、ブータンノワールを買えるのです!うれしい。
# by cagris | 2008-04-11 23:59 | 日々 | Trackback

よい天気

お店になる物件をチェックに行ったら、偶然、自転車に乗ったイダさんと遭遇!C.A.Gの物件をチェックしに来たところだそうです(笑)。
イダさんにはお店のグリーンのディレクションをお願いしています。今は小石川に移転してしまった、B-blue flowersで働いていて、ずっとイダさんのセレクトするお花が好きだったので、こういう機会に頼むことができて、本当にうれしいです!
イダさんはぬいぐるみも作っていて、三谷幸喜監督の最新作(まだ公開前)で、その作品が登場するかも!です。
近くの雑貨店「classico」の高橋さんに「お店の物件決まった!」と報告後、English Tea house pekoeでイダさんとお茶しました。和む。
# by cagris | 2008-04-07 16:20 | 日々 | Trackback

神田

b0129548_11174175.jpgSALCOのグラフィックデザイナー串田さんの新事務所に打ち合わせに行きました。
神田川沿いのアンティークなビルです。
事務所は川に面したテラス(?)がとても気持ちよい、落ち着く空間でした!
# by cagris | 2008-04-06 00:14 | 日々 | Trackback

内装

MuFFさんがお店の内装を提案してくれました。
やっぱり頼んでよかった〜というステキな内装です
b0129548_11135391.jpg

# by cagris | 2008-04-03 22:08 | C.A.G | Trackback

English Tea house pekoe

池之端にある「b0129548_11281971.jpgEnglish Tea house pekoe」でお茶。築70年以上の情緒ある純日本家
屋にイギリスのアンティーク家具が馴染む素敵なカフェです。帰りに庭で咲いたたく
さんのミモザとクリスマスローズをブーケにして持たせてくれました!
ミモザは少ししおれてきたくらいの方がいい香りがします。甘ーい香りです。




● English Tea house pekoe
台東区池之端4-22-9
03-5685-0818
12:30~ 月・火定休
# by cagris | 2008-03-30 11:28 | 日々 | Trackback

お花見

b0129548_12165.jpg青山墓地にて恒例のお花見大会です。
食事はアルガさんが腕を振るったお花見弁当(写真はその一部)です!
飲み物だけ持参すればいい、というすばらしいお花見です。
アルガさんの手によるこれら、味はもちろん、見た目も素敵ですよねー。
青山という場所柄か、外人のお花見客も多いのですが、通りがかりの外人さんが、みんな、このご馳走を撮影して、「素敵~!」とベタ褒めしていきます。
私は何も手伝っていないのですが、なぜか誇らしい気持ちです・・・
# by cagris | 2008-03-29 23:40 | 日々 | Trackback

偶然のうれしい出会い

表参道から地下鉄に乗って・・・
grisの帽子を被っている女性を見かけました!
春らしい色合いと軽い素材の重ね着のおしゃれな女性が、とてもステキに被っていて、とってもうれしかったです。
こういうめぐり合いは制作者冥利につきますね・・・
# by cagris | 2008-03-27 23:51 | 日々 | Trackback

店名について

お店の名前は「C.A.G」といいます。
「chapeaux artisanaux de gris」を略して「C.A.G」(セーアージーと読んでください)。
直訳すると「グリの手仕事の帽子」です。
grisの帽子はすべて細かい手仕事の積み重ねで作られています。大量生産するには手がこんでいて、実現できない帽子です。
ただ、見た目に「ワザ」をアピールしていないために、パッと見た感じではなかなかわかりにくい帽子なんですが・・・。
扱いにくい生地や帽子に向かない素材などを、いかに自然に被り心地よく、なおかつおしゃれにできるか、そんな欲張りな帽子を、丁寧に手仕事で制作している、とご理解いただければうれしいです!

もうご存じとは思いますが「chapeaux artisanaux de gris」はフランス語。
「artisanaux」は「artisan(職人)」の形容詞です。
# by cagris | 2008-03-26 15:44 | C.A.G | Trackback

C.A.G始動

b0129548_11514219.jpg5月上旬にセミオーダー帽子とセレクト雑貨のお店「C.A.G」を千駄木にオープンします。
今は千駄木に事務所を構えて、そこで帽子の制作やネットオーダーを受け付けていますが、実際に帽子を手にとってみていただきたい、とずっと思っていました。
近くによい物件がでたら引っ越そうか、くらいの気持ちで、ときどき不動産屋をチェックするくらいで、のんびりと機会を伺っているというような状態でした。
最初は別の物件を見せてもらおうと思っていたのですが、不動産屋が「古いし汚いから」とあまりおススメしていなかった物件が、結果、とてもよかったのです。
築30年くらいの古いマンションですが、その古さが活かせそうな。
前の賃貸者からカギが戻ってきたばかりとのことで、内装も手付かずだったのが幸いしました。もし、内装が済んでいたら、味のないこぎれいな事務所になってしまうところでした・・・。

外観と内装はMuFFにお願いしています!
工事のできる範囲や予算に限りがあるので、満点の改装はできないかもしれませんが、この物件がどう変わるのか、これからお伝えしていこうと思いますので、ときどき、こちらで開店チェックをお願いします
# by cagris | 2008-03-25 15:41 | C.A.G | Trackback