<   2008年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

COMME des GARCONS と言葉 2

b0129548_0583086.jpg

川久保玲さんの言葉は、いつも真っ当なことをストレートに言っているだけにも読めます。
でも恐らく、本当に真っ当なことをストレートにやってきただけなんですね。励まされます。
Arne 25号に、いいインタビューが掲載されています。   
by cagris | 2008-09-30 00:31 | 日々 | Trackback

CHAPEAUX

b0129548_23362444.jpg

以前ご紹介したものと同じ素材(チェコ製・ウサギ)で、ベースがベージュのものです。
アンティークの水色の麻リボンとメタルのボタンを合わせてます。
例えば同じ形でも、素材や色、飾りつけやサイズ感で印象は大きく変わります。
頭の中でいろいろ想像してみるのも大事ですが、まずはいろんな色や形のものを被ってみてください。
「こういうのも、意外に似合ってるかも」と思わぬ発見をされているお客様、多いです!
b0129548_23363152.jpg

製作中のは、上品な、ちょっと見ない感じのブルーです。
by cagris | 2008-09-29 00:14 | C.A.G.の帽子 | Trackback

イダさんの動物たち

b0129548_182065.jpg
b0129548_182981.jpg
b0129548_183847.jpg

哲学者のごとき、イダさんの動物たち。今日は、肖像写真風に。
でも、一体何を考えているんでしょう。
ブタ博士は今日、物思いに耽りつつC.A.G.から旅立ちました。
谷根千で「旅」してますので、どこかで会われるかもしれません・・・。
b0129548_1595345.jpg

そして、今週の198 Queen st. Kingston
by cagris | 2008-09-28 00:07 | C.A.G | Trackback

シルヴィ・ギエム

b0129548_1174558.jpg
b0129548_1175297.jpg

以前、公演当日にリヨンの野外劇場に押しかけて、
結局チケットが手に入らず見れなかったギエムの「ボレロ」。振り付けは、M・ベジャール。
一度は封印されていたこの代名詞的な演目を、特別に東京で復活させるそうです。
バレエとか全然詳しくないんですが、この人の佇まいは生で体験した方がよさそうで・・・
ダンスではピナ・バウシェ、バレエではギエムは、
せっかく同じ時代に生きてるんだし、というくらいすごいらしいです。
(P・バウシェは観に行きました。確かにすごかったです)
ダンスやバレエは、とにかく身体ひとつだけで表現しきるというところが、
身につけるものをつくる上で何かよい示唆をもらえそうな気がします。

チケット買えるといいんですが・・・・
by cagris | 2008-09-27 00:42 | 日々 | Trackback

openning

b0129548_0441627.jpg

友人の建築家、山口誠さんが麻布につくった新しいオフィスのオープニングに、
198 Queen st. Kingstonのお花を贈りました。
b0129548_12663.jpg

仕事で会場には行けなかったんですが、すごく喜んでもらえたようでうれしいです。
話によれば、広くてずいぶんガランとした場所のようで・・・オフィスというよりはギャラリーのような?場所ですね。

ミニマムに研ぎ澄まされた作風の山口建築
C.A.G.Ⅱは谷根千の懐かしい街並みに、いきなりこんな建築で!と前から密かに夢見てます(笑)
会場にはやはり友人の出版・演劇プロデューサー、三好さんも来ていたらしく会えずに残念。
同じくオープニングといえば来月の舞台。頑張ってね。
by cagris | 2008-09-26 01:12 | 日々 | Trackback

CHAPEAUX

b0129548_1401078.jpg

ポーランド製のファーフェルトのベロアでつくりました。
グリーンにダークブルーのリボンが、つくっていて新鮮でした。

色のはっきりしたものは、発色の仕方が帽子全体の雰囲気を左右しますね・・・
やはり、素材の品質のいいものはシックに決まります。
是非、実物を見て被ってみてください。決して「派手」じゃないですよ(笑)

*この帽体はもう入荷不可なので、現品のみとなってしまうと思います。
by cagris | 2008-09-25 00:39 | C.A.G.の帽子 | Trackback

絵の印象。

b0129548_23473396.jpg

最近はなかなか時間がなくてサボッてますが、ギャラリーや美術館に絵を見に行くのが好きです。
特別知識があるわけでもないので、好きか?とかピンとくるかどうか?とか、
自分なりの勝手な解釈で楽しんでは、その時の印象を自分の中のどこかに貯めていってる感じです。
家にもちょこっと気に入った絵を飾ったりしていますが、
毎日見るとこんなに変わるのかというくらい見え方って変わります。
光とかもそうですが・・・どちらかと言えば気分によって(笑)
C.A.G.で毎日この絵↑がどう見えるのか、楽しみです。

中井伸治さんの作品です。(写真は部分ですよ)
縁あってC.A.G.に。今日、ご本人が届けてくれました。
by cagris | 2008-09-24 00:12 | C.A.G | Trackback

Free Diary Note from LIFE!

b0129548_0143240.jpg
b0129548_0144297.jpg

毎日書く、という義務感から完全にフリーな日記ノートです。これもライフ社さんから届きました。
いいコンサートに行った日、いい展覧会を見た日だけ書く日記とか。おいしかったお店を書き溜めていくとか。
何かつくりたくて、ひらめいた断片を日付と一緒に書いておくメモノートとして使うとか。
何を書いても大丈夫なカードが「ノート」のようになっていると思うと、いろんな使い方が浮かびます。

あちこちのメモや何かの裏紙につい描いてしまう帽子のアイディアも、これで整理がつくか?とも思いますが、
性格までは直してくれないですね・・・多分。わかりませんが(笑)
オレンジの表紙と端正なレイアウトのマッチングが、気に入ってます!
by cagris | 2008-09-23 00:33 | 新入荷 | Trackback

Pen-case from LIFE!

b0129548_2317573.jpg
b0129548_2318497.jpg

すっかり文字は「打ち込む」ばかりで、しっかり「書く」ことが少なくなりました。
気合を入れて「書く」時は、もうかなり前に青山の書斎館で見てプレゼントしてもらった万年筆(イタリア・DELTA)を使うようにしています。
ブルーブラックのインクの濃淡が自分の字をちょっとはマシにしてくれてる、と信じて書くとちゃんと気合が入るんです(笑)
ライフ社から届いたペンケースは丁寧なつくりで、サイズ感が絶妙です。
この万年筆一本だけを入れて使ってますが、細いボールペンなら2~3本は入ると思います。
色は、写真のグリーンの他、レッド、ブルー、ブラック、オレンジぽいブラウンの5色。
(この5色、Recent Memoと対応してますね)本革でできていますよ。
b0129548_23341578.jpg

お菓子教室で使えてうれしい!とgrisのバブーシュカをお買い上げいただいたお客様からいただきました。おいしかったです!
b0129548_23361926.jpg

今日はあいにくのお天気でしたが、お祭りでC.A.G.前の路地には万国旗が・・・。
by cagris | 2008-09-22 00:14 | 新入荷 | Trackback

たとえば温泉

b0129548_1281230.jpg

もうずっと前ですが、月イチで温泉に行く!という企画を立てて、
とにかく近場でも何でもいいから行く、というのを決めて実行したことがあります。
古くて→だから安くて→でも趣のある、という宿を探し出し予約しては行ってましたが
やっぱりいろいろ忙しくて3ヶ月で頓挫。以後、温泉そのものに行けてないような気がします・・・。
四万温泉郷とか、近いし風情もあってよかったですね。
行くと、リラックスというよりはパッと意識が切り替わる感じがいいです。
「鉄道の旅」ファンなので、車窓の風景とか移動の時間も大事なのかもしれません。

また何か決めてみれば、できるかどうか。
遊ぶときはさくっと行きたいものですが、そこが難しい(笑)
初秋の土曜の夜らしい?どうでもいいお話でした。
by cagris | 2008-09-21 00:20 | 日々 | Trackback