フェルメールからの手紙

b0129548_2462736.jpg

金沢のアンティークのお店、フェルメールの塩井さんからまた「お手紙」をいただきました。
今回も手書きノートのコピーで、塩井さんの声がすぐ傍に聞こえて来るような素敵な文章でした。
ケータイは持ったことがない・・・時が来たらパソコンもやめたい・・・とか。
マスカットを小振りの江戸後期の染め付け皿に入れて水を張ると、マスカットの薄緑の間から覗く
染め付けの青がなんともきれいで「古いものはいいな」と改めて思う・・・とか。
「言葉」の問題や経済の難しさの中で、これから古い物とどのように付き合っていけるのか。
そんなことを考え続けながらお店をやっていきたいと思う日々です・・・
こんなふうに今回の手紙は締めくくられていました。またいつか、近いうちにお店に伺いたいです。
(塩井さんが編集長の金沢のリトルプレス「そらあるき」。行かれる方は是非)
by cagris | 2012-02-15 01:11 | 日々 | Trackback
トラックバックURL : http://cadg.exblog.jp/tb/17804864
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< bonzour 初詣 >>