galleries

b0129548_025787.jpg

伊勢丹でのトランクショーにたくさんのお客様に来ていただきありがとうございました。
伊勢丹全体が本当にたくさんのお客様で賑わっていて、不景気って何だろうと(笑)思うほどでした。
今回の帽子の展開はこの後も続きますが、伊勢丹限定のフェイクファーのものなどは期間限定です。
お早めに店頭でお手に取って、かぶってみていただければうれしいです。よろしくお願いいたします。

一方、休日だったC.A.G.アシスタントがまわって来たというギャラリーでの展示から
面白かったと聞いたものをいくつかご紹介します。
ダヤニータ・シン展/資生堂ギャラリー インドの女性写真家。
インドの作家であることを感じさせない、寓話的で美しい気になる写真です。
さすが資生堂というか・・・図録が素晴らしいですね。(1000円とは思えないですよ)
クリスチャン・マークレー展/ギャラリー小柳(↑写真)
マンガの吹き出しや擬音を再構成した、掛け軸のような作品?とのこと。おもしろそう。
ライアン・ガンダー展/メゾンエルメス
会場中に「事件」のごとく?不思議なタイトルの作品がインスタレーションされているらしい・・・
「覚えておいて、後で必要になるから」とか「こういうくだらないことが永遠に続く」とか。
三上晴子展/ICC
この方の作品だけは昔から知っていますが、今回もスタンスは全く変わらないようで尊敬です。
それにしても世界で今もっとも活躍しているアーティストの方々の展示が気楽に見れるって
東京ってすごいですね。ご近所のSCAIさんでも新たな展示がはじまるし、WAKOさんでは
リヒターの新しい作品も展示されはじめたとか・・・なかなか見に行けないのがつらいところ。
by cagris | 2011-11-13 00:01 | 日々 | Trackback
トラックバックURL : http://cadg.exblog.jp/tb/16837585
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< CHAPEAUX 2011A/... ISETAN >>