AUSTER

b0129548_2347445.jpg

アメリカには行ったことがないです。それならと、ついヨーロッパとかアジアに向かってしまう。
その結果、自分の中でアメリカのイメージは映画や文学でできているように思います。
最近P・オースターの本を、全作(和訳されているもの)読み返したという人からあらためて薦められてます。
前に結構読んではいますが、もう一度読むとまた全然違ったイメージを持つかもしれません。
オースターといえばNYという感じですね。いつか本当にNYに行くことがあったら、その時何を思うんでしょう。
こうして眺めていると、やっぱりタイトルがどれもいいです。

ミルハウザー、アーヴィング、エルロイ・・・
他にもアメリカに好きな作家はたくさんいますが、実際にその地面を踏む日が来るかどうか。
by cagris | 2010-01-26 00:05 | 日々 | Trackback
トラックバックURL : http://cadg.exblog.jp/tb/12730694
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Mars akihabara >>